キャッシュバックにつられて新しいサービスに申し込んでしまった

クレジットカード会社から、新しく始まったサービスのご案内をしたいと電話がかかってきました。支払い名人というサービスで、最初は話を聞いてもどういうことかわからなかったのですが、どうやら支払い金額の上限を設定して、それ以上の金額を使用した場合には自動的にリボ払いになるというサービスのようでした。今この電話でそのサービスに申し込めば、500円のキャッシュバックがあるとのこと。面倒なので断ろうとしたのですが、いつでもやめられるようだし根負けして申し込みをしてしまいました。クレジットカード使用者にとっては、使い過ぎた時に自動的にリボ払いになるので便利。カード会社にとってはリボ払い手数料が入る機会が増えるので良いというサービスのようです。でも電話で案内されても、なかなか内容って頭に入らないものですね。ペーパーレスの時代ですが、やっぱり紙媒体の方がわかりやすいです。

クレジットカードの経験者にアドバイスをもらう

初めてクレジットカードを作って使用する時には、経験者からうまくアドバイスをもらうとうまくクレジットカードを利用していく事ができます。初めてカードを使う人は、どれくらいの頻度で使用すればいいのか、どれくらいの金額を使用すればいいのか少し分からない部分もあります。そこで、経験者にうまくカードを使用する方法を聞いておくと参考になって、長期的にクレジットカードを愛用する事ができます。しかし、ここで大事になってくるのが、うまくクレジットカードを使用している人にアドバイスをもらう事です。延滞したり、カードの使い方が下手な人に聞いても、マイナス的なアドバイスしかもらえない可能性もあります。その点だけは注意します。

計画性のないクレジットカード使用

私は現在二種類のクレジットカードを使用しています。使用すると5%OFFになる日はなるべくカードで買い物したりして、少しでも節約したいと考えていますが、お金をあまり使いたくない時はすぐにカード払いにしてしまいます。おかげで、カードの請求書を見るたびにカードの使いすぎを反省します。そしてカードの支払いが多いために、お給料があまり残らずにまたカード払い。現金がなくて困った際には、クレジットカードに付与してるキャッシングを利用した事もあります。最初のうちは借りてもすぐに返済できたのですが、キャッシング額が増えれば増えるほど利息分が増え、なかなか返し終わりませんでした。そんな中、キャッシング枠いっぱい借りてなおお金がない時に利用したのが、ショッピングリボでした。カードの支払いが一気に減ったのは良かったですが、明細書を見ると手数料の多さに驚きました。段々不安になった私はついに銀行でお金を借り、一括で返済する事にしました。おかげで銀行の返済はまだしてますが、キャッシングしてた頃よりは落ち着きました。もう二度とキャッシングやショッピングリボは使用しないと思います。買い物でのクレジットカードの使用も、今は以前より考えながら使用しています。  

クレジットカードの更新に関して

クレジットカードを持っている人はショッピングやキャッシングなどに枠を作っている人が多いと思いますが、キャッシング枠をそれほど付けているのでなければ、更新作業は滞り無く進めることができるでしょう。クレジットカードは信販系と呼ばれるカード会社の形態になるので、キャッシングの更新も枠が50万円ほど付いていた場合、必ずと言っていいほど、更新月になると更新のための書類が送られてきます。そこでは所得証明の提出や現在の職場についてのことを書かなくてはなりません。ですから、更新が近づいてきたらどこかで働くということも必要になります。書類を出さなければ電話での問い合わせが来ますので、そこで更新作業を完了させることも出来ますから、今、どこかで働いていないからといって焦らないようにしてください。

クレジットカードについて

僕はファミリーマートのクレジットカードを持っています。年会費等はなく、みなさんご存知のとうりtポイントもたまるので、ファミリマートで買い物したり、最近だったら結構いろんなところでtポイント貯めれるので便利だと感じております。基本的にあまりポイントの事気にしてないのですが、実際何ポイント貯まってるか確かめてなくて、久しぶりに確認するとテンションが上がるほど貯まってるということがあるので嬉しいサービスです。ただクレジットカードは渡してサインすれば商品やご飯が食べれてしまうので、僕みたいなあまり考えなしに使ってしまうタイプは後でやってしまったという事はよくあります。なので基本現金は全く使わずにクレジットカードだけでお会計して、2日に一回くらいいくら使ったか確認するようにしております!そうする事でポイントも貯まるし、使いすぎるという事がないように気をつけてます。

クレジットカードの有効な使い方について

クレジットカードの有効な使い方について、私の経験をご紹介したいと思います。もともとクレジットカードは現金での支払いが面倒なときにすぐに支払えると言うメリットがあったのが現実です。今の私にとっては5時とかではなくてならない存在になっています。それは、家計簿がわりにクレジットカードを利用しているからです。最近ではコンビニエンスストアなどでもサインなしでクレジットカードが使えるようになりました。そうなると日常の支払いだけではなく、公共料金や新聞やジュースといった簡単な買い物までクレジットカードで購入することができます。ほとんどの支払いをクレジットカードで済ますことができるようになると明細が明らかになるので家計簿がわりに使うことができます。私はその利用方法で自分の小遣い管理ができるようになりました。

支払いはすべてクレジットカードで

最近のクレジットカードはポイント機能を有している場合が多く、支払った料金の数パーセントがポイントとして還元されます。つまり、あらゆる支払いをクレジットカードで済ませた方がお得だということです。普段のお買い物はもちろん、公共料金の支払いもクレジットカードで済ませてしまえば、毎月それなりのポイントが貯まっていくことでしょう。また、各カード会社ごとに様々なキャンペーンが行なわれることがあります。そうしたキャンペーン期間中は還元されるポイントが増える傾向にありますので、キャンペーンを有効に活用するようにしましょう。貯まったポイントは基本的に1ポイント1円換算で使用することができますので、ちょっとした贅沢をするのに使うといいかもしれません。

クレジットカードのおかげで毎月お米は千円引きです

私の生活においてクレジットカードで購入する商品が大半を占めているのですが、そのおかげかポイントも本当によく貯まるんですよね。年間にして1万円くらいのポイント分は軽く超えていると思いますが、ポイントを付与されて直ぐに使ってしまうので、ちゃんとした計算はしたことがありません。例えば毎月4千円のお米を買ったら、そこから付与された千ポイントで千円引きにというのが毎回ありますので、これを12ヶ月しているとしたらそれだけで1万2千ポイントは確実にもらっていることになるでしょう。しかも無理をしてポイントが溜めているとかではなく、日常生活品や、公共料金の支払いでいつの間にか貯まっているパターンなので、とても楽だしお得で有難く感じています。

不正使用時の素晴らしい対応に感心しました。

私はクレジットカード使用歴20年のヘビーユーザーですが、過去一度だけ不正使用をされた事がありました。場所はフランスはパリの有名ブランド店で、店員が奥のキャッシャーで会計を済ませて来ましたが、ラッピングもあるし時間がかかったとも違和感も全く感じず店を後にしました。帰国して2週間くらいしてから、カード会社の調査部から連絡があり、数日後にタイで高額の使用をされていたと知らされました。勿論身に覚えはなく、パスポートの出入国記録を提出しただけで支払いは免れましたが、不思議に思ったのはどうして不正使用だと分かったのか、という点でした。調査部の方は企業秘密だからと詳しくは教えてくれませんでしたが、そのブランド店で買い物をした後にアジアでの不正使用が発覚するケースが続いていたので内偵していたそうです。対応もスムーズで丁寧で、さすが大企業の対応だと感心しました。以降はネットで明細確認できるようにして、マメに確認するようになりました。